マテ茶「飲むサラダ」アルゼンチン産ラスマリアス社のマテ茶、ボンビージャ、ボンビーリャの販売

 

サービス

サービス > マテ茶 > マテ茶のおいしい飲み方

マテ茶のおいしい飲み方

【ティーバッグ】
@沸騰してから少しさましたお湯(80℃前後)で入れてください。
A一つのティーバッグでお好みにより、カップ3〜5杯分くらいつくれますので、ティーポットなどをご利用ください。
Bティーバッグをお湯に入れてから、お好みの濃さになるまでしばらく待ちます。
C夏はそのまま冷蔵庫で冷やせば、「アイス・マテ茶」がお楽しみいただけます。

【ルースリーフ(茶葉)】基本的にはティーバッグと同様です。
@沸騰してから少しさましたお湯(80℃前後)で入れてください。
A一つのティーバッグでお好みにより、カップ3〜5杯分くらいつくれますので、ティーポットなどをご利用ください。
Bティーバッグをお湯に入れてから、お好みの濃さになるまでしばらく待ちます。
C夏はそのまま冷蔵庫で冷やせば、「アイス・マテ茶」がお楽しみいただけます。

ボンビージャで飲んでみる

ボンビージャ アルゼンチンなど南米では、ひょうたんや牛の角、木をくりぬいたりして作った「マテ壺」と、先端が濾し器になった「ボンビージャ」と呼ばれるストローで、マテ茶を飲みます。これを皆でまわし飲みすれば、また再開できるという言い伝えがあるそうです。
 ボンビージャの良い点は、濾し器を通して細かい茶葉もたくさん取ることができるので、より繊維や栄養分を摂取できることです。 (日本では入手しにくいマテ壺は、陶器でも代用できます)

手順

1. まず、カップの6分目くらいまでルースリーフマテ茶の茶葉を入れます。   2. 次にカップを手のひらで押さえてひっくり返し、振りながら細かい葉がカップの上のほうにくるようにします。(濾し器に細かい葉が詰まらないようにする為)
         
3. 茶葉を斜めになるように寄せて、低い方に水やぬるま湯を少し注ぎます。  

4. その低い部分にボンビージャを静かに先端が底に着くまで差し込みます。

         
5. ボンビーリャ(ボンビージャ)をさした根元から静かにぬる目のお湯を注いで出来上がりです。このように、一度にお湯を一杯に注がず、飲みながらお湯を足してゆきます。  

6. 準備完了です。本場のマテ茶をお楽しみください。

※お湯ではなくお水を注いで飲むことを特に「テレレ」と呼んでいます。

         
陶器で代用できます!